• TOP
  • 第3回RD20(2021年度)の成果
  • プログラム
  • プログラム

    テクニカルセッション

    2021年9月29日ー10月1日 20:00~22:00 オンライン

    各セッションの構成

    9⽉29⽇  テーマ1 脱炭素化に向けたアプローチ(全体論とセクター別観点)

    カーボンニュートラル社会の実現のためには技術別の議論だけでなくセクター(部⾨)ごとの課題の抽出と解決策の議論が必要である。本セッションは、セクター別の脱炭素化にフォーカスし、総論および、建物・電⼒・産業セクターの現状と課題について講演して頂き、最後にセクター別の脱炭素化の今後の⽅向性についてパネルディスカッションを⾏う。

    発表者所属, 役職プレゼンテーションタイトル
    Mr. Kobad BHAVNAGRIGlobal Head of Industrial Decarbonization, Bloomberg NEF.Achieving a Green Industrial Renaissance
    Mr. SEGAWA YutaInstitute of Technology, Center for Energy Engineering, Shimizu CorporationDevelopment and initiatives of hydrogen utilization technology in the buildings to realize zero emission town with AIST
    Dr. Aqil JAMALChief Technologist, Carbon Management Division, Research and Development
    Center, Saudi Aramco
    Technology Challenges and Opportunities in Direct
    Air Carbon Capture
    Mr. KAITA KeijiPresident, Carbon Neutral Advanced Engineering Development Center, Toyota Motor CorporationToyota’s Research & Development toward Carbon Neutrality

    議長:Dr. Florence Lefebvre-Joud (CEA-Liten, France) モデレーター:近藤 道雄(産業技術総合研究所 AIST)

    9⽉30⽇  テーマ2 セクター共通課題としての⽔素の社会受容性

    ⽔素、特にグリーン⽔素は全セクターに跨る脱炭素化の共通基盤であるが、今後の普及拡⼤のためには社会受容性の向上が課題である。本セッションは、⽔素の社会受容性にフォーカスし、エネルギーシステム全体の社会受容性、⽔素の社会受容性、爆発などの安全性リスク評価などの現状と課題について講演して頂き、最後に⽔素の安全性・リスク等についての今後の課題と国際連携が果たすべき役割についてパネルディスカッションを⾏う。

    発表者所属, 役職 プレゼンテーションタイトル
    Dr. Elisabeth DÜTSCHKECoordinator of Business Unit Actors and Social Acceptance in the Transformation of the Energy System,
    Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research (Fh-ISI)
    Social Acceptance for Hydrogen as an Option to Decarbonise
    the Energy Sector
    Dr. ONO KyokoSenior Researcher, Research Institute of Science for Safety and Sustainability,
    National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
    Quantification of public acceptance and identification of acceptance factors on hydrogen fueling stations in Japan
    Dr. François GIRARDResearch Council Officer, Technical Leader Hydrogen and Fuel Cell Technologies,
    National Research Council Canada (NRC)
    R&D for Safe Implementation of Canada’s Hydrogen Strategy
    Dr. Laurent ANTONIHydrogen Public Affairs Manager, Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives,
    Laboratoire d’Innovation pour les Technologies des
    Energies Nouvelles (CEA-LITEN)
    Harmonising standards, removing barriers

    議長:Dr. David Harris (CSIRO, Australia)  モデレーター:近藤 道雄(産業技術総合研究所 AIST)

    10⽉1⽇ テーマ3 次世代エネルギー制御システム

    カーボンニュートラル社会の実現には再⽣可能エネルギーの⼤量導⼊が必要であるが、変動再エネ(VRE)の導⼊拡⼤と電⼒系統の安定化は⼆律背反であり新しいEMSが必要である。本セッションはEMSにフォーカスし、総論およびシミュレーションや、パワーエレクトロニクス、ゼロエミッションのためのEMS、実際の取り組みなどについて講演して頂き、最後にEMSの今後の課題と国際連携が果たすべき役割についてディスカッションを⾏う。

    発表者所属, 役職プレゼンテーションタイトル
    Mr. Stefan P.M. CHANTRELResearch Fellow, Department Smart Grid ICT, Fraunhofer Institute for Solar Energy Systems (Fh-ISE)Variable Renewable Energy in Germany and Energy Management
    Dr. YAMAGUCHI HiroshiDirector, Advanced Power Electronics Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) Role of Power Electronics in Energy Management System 
    Dr. John WARDResearch Director of the Energy Systems Research Program,
    Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO)
    Getting to 100% – reliable operation of the Australian electricity grid with high variable renewable energy
    Dr. Cherif ASSAF(1) and
    Dr. Krishnanand Kaippilly (2)
    (1) Programme Director, MultiEnergy Systems and Grids, Energy Research Institute, Nanyang Technological University (NTU)
    (2) Research Fellow, Energy Research Institute, NTU
    Distributed Energy Resource Management Systems for the Next Generation Energy Grid

    議長:Dr. William Tumas (NREL, USA)  モデレーター:近藤 道雄(産業技術総合研究所 AIST)

    使用言語:英語 (同時通訳<英→日>あり)。

    国際アドバイザー

    共同議長

    リーダーズセッション

    2021年10月8日 オンライン 14:00~16:10

    Time (JST)
    14:00 – 14:05Opening RemarksTBD (経済産業省)
    14:05 – 14:20Opening address and scope of 3rd RD20石村 和彦 (RD20 議長、産総研理事長 兼 最高執行責任者)
    14:20 – 14:35Reports of Taskforce and Technical Sessions小原 春彦 (産総研執行役員)
    14:35 – 15:55Round table discussion and  Approval of Leaders statement (or summary)RD20議長、各国機関代表
    Keynote SpeechProf. Reimund Neugebauer,
    President, Fh-G
    Report of Preparatory Leaders Meeting (PM)Dr. Martin Keller,
    Director, National Renewable Energy Laboratory (NREL),
    PM 議長
    CommentsRD20 研究機関代表者
    Adoption of Leaders Statement PM 議長
    16:00 – 16:10Closing Remarks及川 洋
    NEDO副理事長

    ※ 使用言語:英語 (同時通訳<英→日>あり)。